風俗で働き始めたのは育児の大変だった時期が少し落ちついて来た頃でした。育児に全く協力的でなかった夫に見切りをつけました。昔はやさしかったのに急に人が変わってしまったのが悲しかったのですが、何とか乗り越えてここまで生活してきました。しかしこれまでに溜めていたお金がどんどんと無くなっていくばかり。厳しい生活が続いていて、精神的にもつらい状況が続いていました。周りに頼れる人も居なかったので、色々と自分に出来る仕事を探してみたのですが、そこで見つけたのが風俗の仕事でした。週に数日仕事をするだけで、結婚する前に働いていたOLの仕事よりも稼げるというのがわかったので、これはもうやるしか無いと思いました。ただ不安だった部分が1つだけあって、自分が仕事をしている間に誰が子供の面倒を見るのかということです。でもその心配や不安はあっさりと解消されました。何と風俗でも託児をやっているところがあったのです。意外過ぎて驚いたのですが、自分のようなシングルマザーが働くこともあるそうなので、このように託児を行っているお店もあるということでした。まだ託児ができる風俗店は限られているようなのですが、どこのお店でも自分が働けそうな環境だったので助かりました。育児をしながら風俗で働くなんてどうなんだろうと少し考えてしまった部分もあったのですが、生活をしていく為には何をやってでも頑張らなくてはいけません。もしも次に再婚とかすればこういった悩みも解消できるとは思うのですが、育児で手一杯ないま、男の人を探している余裕も出会いもありません。だからしばらくの間は割り切って風俗で働いていこうと思います。せっかく託児も利用することができるので、前向きに考えていくしかありません。利用できるものは何でも利用するのが最も良いですし、誰も自分のことを無条件で助けてくれる訳ではありません。自分のことは自分で何とかするしかないから、全く悪い選択肢ではないと思っています。ただ、風俗で働いていて男の人から嫌なことをされたりしたら、夫のこともあるのでより一層男性不信が進んでしまいそうな気もします。それが不安ですし困った部分でもあるのですが、夫は元々酷い人だった訳ですし、風俗にやってくる男性の全てが悪い人ではないと思います。だからそういった所も含めて、勝手なイメージで決めつけてしまってはいけないと考えたのです。託児の利用をさせてくれる訳ですし、何よりも目の前に高収入が待っていると思ったら、とにかく頑張るしかありません。気持ちを切り替えて行きます。
託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】

上京してから数年、五反田で暮らしています。会社の給料があんまり高くないので、生活は苦しいばかり。友達の結婚式やら、飲み会やらで臨時の出費があったりすると、給料日前は目も当てられない状況です。ただ、今い…>>続きを読む